バドミントン用品専門店有限会社プロショップユゲ                Sorry, we don't accept the order from outside of Japan.We don't deliver our items abroad.

BADMINTON
■10,000円以上のご注文で送料無料!!(北海道・沖縄は540円)  ■2,000円以上のご注文で代引手数料無料!!
※上記金額に満たない場合は、送料540円(北海道・沖縄は864円)・代引手数料324円となります。送料・手数料の詳細はこちら
 通信販売ご利用ガイド   特定商取引に関する表示    会社案内/各店舗案内
 当店からの返信メールが届かない場合はこちらを確認     ラケット不良・破損の場合の対応
トップページ(バドミントン) 用具の選び方 大会&イベント クラブ&スクール 一球入魂 幻の逸品 リンク 卓球ページ
お買い得品/在庫処分セール
バドミントンラケット
 おすすめバリューセット
 お買い得/在庫処分ラケット
バドミントンシューズ
 在庫処分シューズ
バッグ
 在庫処分バッグ
ウェア
 ヨネックス・在庫処分ウェア
   メンズ/ユニサイズ
   レディースサイズ
   ジュニアサイズ
 ミズノ・在庫処分ウェア
 ゴーセン・在庫処分ウェア
 その他・在庫処分ウェア
 在庫処分Tシャツ
 在庫処分ソックス
オリジナルグッズ
ウェア
 作戦ボード
 パーカー
 トレーナー
 Tシャツ
 パンツ
通常商品
バドミントンラケット
 ラケット一覧
 ヨネックス・デュオラ
 ヨネックス・ボルトリック
 ヨネックス・アークセイバー
 ヨネックス・ナノレイ
 ヨネックス・カーボネックス
 ヨネックス・トレーニング
 ゴーセン・インフェルノ
 ゴーセン・カスタムエッジ
 ゴーセン・グングニル
 ゴーセン・ミラクルライト
 ミズノ・キャリバー
 ミズノ・ルミナソニック
 ミズノ・トレーニング
 ウイルソン
 ビクター
 バボラ・エックスフィール
 バボラ・サテライト
 ブラックナイト
 プロケネックス
 レッドソン
 アディダス
========================
ガット
 単張りガット
 ロールガット
========================
バドミントンシューズ
 ヨネックス・シューズ
 ミズノ・シューズ
 ウィルソン・シューズ
 アシックス・シューズ
 インソール/シューズケア
========================
バッグ
 ラケットバッグ
 ダッフル/ボストン
 その他バッグ
========================
ウェア
 ヨネックス・ポロシャツ
 ミズノ・ポロシャツ
 ゴーセン・ポロシャツ
 エレッセ・ポロシャツ
 Tシャツ
 パンツ
 アンダーギア
 ヨネックス・ウォームアップ
 ミズノ・ウォームアップ
 ゴーセン・ウォームアップ
 その他・ウォームアップ
 ソックス
========================
シャトル
 水鳥シャトル
 ナイロンシャトル
========================
アクセサリー
 グリップテープ/すべり止め
 タオル/リストバンド
 ラケットメンテナンス
 その他アクセサリー
========================
ボディケア
 サポーター/ボディケア
 食品/サプリメント
========================
コート備品
 ネット
 練習用器具
 ラインテープ
========================
書籍/ビデオ
 書籍
 ビデオ/DVD
各種加工
ガット張り
 ガット張り加工のご案内
 ガット張り料金
ゼッケン/プリント加工
 ゼッケン
 背面プリント
 その他のプリント
バドミントンラケットの選び方
バドミントンラケット選びのチェックポイントをわかりやすく解説します。あなたのプレースタイルにピッタリのラケットはどのタイプ?

重量・バランス・スイングウェイト
ラケットの重さとは・・・
 ラケットの重さにかかわる数値として、「重量」「バランスポイント」「スイングウェイト」があります。

(1)重量
 重量とは秤で量った重さであり、ラケットバッグに入れて持ち運ぶ時に感じる重さで、「静止重量」とも言われます。
 同一機種のラケットでも1本ごとに重量のバラツキがあります。
 ラケットの剣先キャップには、重量区分とグリップサイズを表示する刻印またはシールが貼られています。
メーカー 重量区分 サイズ表示
6U(F) 5U 4U 3U 2U
ヨネックス 平均73g 平均78g 平均83g 平均88g 平均93g
ミズノ
バボラ
ビクター
プロケネックス
レッドソン
フォーザ
プリンス
70.0~74.9g 75.0~79.9g 80.0~84.9g 85.0~89.9g 90.0~94.9g
ゴーセン 71.0~75.9g 76.0~80.9g 81.0~85.9g 86.0~90.9g 91.0~96.0g
 この表よると、例えば3Uと2Uの設定があるラケットの場合、重量が85.0~94.9gと約10g(ラケット重量の約11%)もの
 許容範囲があることになりますが、現在のラケット製造技術ではそれほどのバラツキが発生することはありません。
 実際には、目標とする重量よりもわずかに軽めに製造しておき、仕上げの段階でグリップ内部(グリップエンド付近)に
 数gのおもりを封入して仕上がり重量を調整するのが一般的となっています。
 同一機種で3Uと2Uの設定があるラケットの弊店在庫品重量を実際に量ってみたところ、3Uは86.5~90.0g、2Uは
 90.0g~92.0gの間にすべて収まっていました。(サンプル数:24本、秤の最小目盛:0.5g)

(2)バランスポイント
 全体重量が同じラケットでも、構造・形状や素材の組み合わせ方により、各部分の重量配分が異なってきます。
 それを簡単に表示できるのがバランスポイント(ラケットの重心位置)で、一般的にはグリップエンドからの距離
 (例:290mmなど)で示されます。
 ここで「スイング指数」について考えてみます。
   *スイング指数=ラケットの重量(g)×バランスポイント(cm)×グリップエンドから打点までの距離(約55cm)÷1000
 このスイング指数も、実はバランスポイントを用いた机上の計算値であり、実際にラケットを振った時の感覚とはズレを
 生じる場合があるのです。その原因については、次のスイングウェイトの項目でご説明します。

(3)スイングウェイト
 ラケットにとって最も大切な重さはスイングウェイト、すなわちラケットを実際に振ったときの重さです。
 スイングウェイトは、グリップエンドから4インチ(約10cm)の位置を軸とした振り子運動での慣性モーメント(回転のしにくさ)
 で、単位はkg:cm2で表されます。
 静止している状態で計測する数値であるバランスポイントに対して、スイングウェイトはその名のとおりスイングして計測する
 数値なのです。
 下図は極端な例ですが、バランスポイント(スイング指数)とスイングウェイトの違いがお分かりいただけると思います。
ラケットA ■■■■■■■■■■■■

 
ラケットB ■■■■■■■■■■■■■■

の大きさはその部分の重量配分(大きいほど重い)を示して
います。

ラケットA、ラケットBのバランスポイント(図の
)は同じですが、
グリップを握って実際に振った時の感覚は、ラケットAの方が重く、
スイングウェイトの数値もラケットAの方が重くなるのです。
(理由:慣性モーメントは回転の中心から質点までの距離の2乗
に比例するため)

トップライトとトップヘビー
 トップライトやトップヘビーとは、ラケットのバランスを示す言葉ですが、上記のことをふまえるとバランスポイントやスイング
 指数ではなく、スイングウェイトで把握した方が、より実際の感覚に近いということがわかります。
 スイングウェイト測定値とバランス(トップライト~トップヘビー)のめやすは概ね次の通りです。
バランスのめやす トップライト イーブン トップヘビー
スイングウェイト 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78
*スイングウェイト値は、使用するマシーン(ゴーセン、ラテストなど)により異なり
 ます。当店では、ラテスト製マシーンでの測定値を基準として表示しています。
*スイングウェイト数値が大きいほど回転がしにくく、スイング時に重く感じます。
*レギュラーラケットはロングラケットよりも約3~4数値が小さくなります。

測定マシーン(ラテスト製)

測定マシーン(ゴーセン製)

一球入魂のラケットはここがちがう!!
一球入魂では、入荷したラケット全数について、専用のマシーンでスイングウェイトを測定
し、 オリジナルシールで各ラケットに表示しています。
ラケットをお買い上げの際には、ご希望のスイングウェイトのものをお選びいただけます。

ラケットを2本以上まとめてご購入いただく時やもう1本ラケットを買い足される時に、同一
の スイングウェイトのものを揃えることで、複数のラケットを違和感なく使うことができます。
また、あえて異なるスイングウェイトのものを揃えることで、その日のコンディションや戦術
などに応じて最適なラケットを使い分けることも可能となります。

            ご希望のスイングウェイトをお選びいただくために、当店主力在庫品
            については、1機種につき20~40本の在庫数を確保しています。

スイングウェイトからみたラケットの選び方
スイングウェイトが軽い 比較項目 スイングウェイトが重い
シャトルに対して相対的に軽い

インパクト時にヘッドスピードが落ちやすい
パワー シャトルに対して相対的に重い

インパクト時にヘッドスピードが落ちにくい
ラケットヘッドの軌道やスピードを変えやすい

コントロールが不安定
コントロール性 ラケットヘッドの軌道やスピードを変えにくい

コントロールが安定
ラケットヘッドの軌道やスピードを変えやすい

レシーブ時の操作性が良い
操作性 ラケットヘッドの軌道やスピードを変えにくい

レシーブ時の操作性が悪い
スイング時の腕や肩への負担が小さい

疲労感が少ない
疲労感 スイング時の腕や肩への負担が大きい

疲労感が多い

グリップサイズ
グリップサイズとは
 グリップの太さのことで、同一機種のラケットでもグリップサイズが1~3種類設定されているものがあり、自分に合った
 太さを選ぶことができます。
 ラケットの剣先キャップには、重量区分とグリップサイズを表示する刻印またはシールが貼られています。
メーカー グリップサイズ 備考
G6 G5 G4
ヨネックス 周長78mm 周長81mm 周長84mm
ゴーセン ※ヨネックスとほぼ同じ。
バボラ
プロケネックス
フォーザ

プリンス
※ヨネックスとほぼ同じ。
レッドソン ※ヨネックスとほぼ同じ。
ミズノ ※ヨネックスとほぼ同じ。
G2 G3
ビクター ヨネックスの
G5とほぼ同じ。
ヨネックスの
G4とほぼ同じ。

グリップサイズの選び方
 一般的には、手の大きさ(大きい人は太め⇔小さい人は細め)、握力(強い人は太め⇔弱い人は細め)、プレースタイル
 (パワーヒッターは太め⇔コントロールプレーヤーは細め)といわれますが、個人のフィーリングによるところが大きく、
 実際に握ってみて、自分の好みで選べば問題ないでしょう。
 最近の弊店販売実績では、全体の約80%が「G5」、約15%が「G6」、残り約5%が「G4」となっています。

グリップサイズで迷ったら・・・・
 グリップテープやアンダーラップを巻くことで太くすることは可能です。迷った場合には、細めのものを選びましょう。

グリップサイズからみたラケットの選び方
細めのグリップ 比較項目 太めのグリップ
ワシ掴みになりにくい

指の動きを駆使したラケットワークが可能
操作性 ワシ掴みになりやすい

指を使ったラケット操作がやりにくい
グリップの遊びが大きい

パワーロスが出やすい
パワーロス グリップの遊びが小さい

パワーロスが少ない

ラケット全長
ラケット全長とは
 レギュラーサイズ(全長663~665mm)に対して10mm長いロングサイズ(673~675mm)が現在の主流になっています。
 また、15mm長い超ロングサイズも一部のメーカーから発売されています。
 ロングサイズの中にも、フレームが長いもの(スイートスポットが広い)、シャフトが長いもの(しなりが大きい)、グリップが
 長いもの(短く持てる)があります。

ラケット全長からみたラケットの選び方
ロング 比較項目 レギュラー
スイングの回転半径が大きい

パワーが大きい
パワー スイングの回転半径が小さい

パワーが小さい
リーチが長い

打点が高く守備範囲が広い
打点
守備範囲
リーチが短い

打点が低く守備範囲が狭い
リーチが長い

ボディ周辺のラケット操作が困難
操作性 リーチが短い

ボディ周辺のラケット操作が容易


グリップを短く握って
レシーブ体勢に入るシギット

グリップを長く握って
スマッシュを放つチャンドラ
【世界チャンピオンのテクニック】
男子ダブルスのチャンドラ&シギット(インドネシア)は、
ドライブ、プッシュ、レシーブの時にはグリップを極端に
短く握って瞬間的なラケット操作に備え、スマッシュの
時にはグリップを長く握ってパワーをアップするという
高度なテクニックを使っています。

フレックス・シャフト形状
フレックスとは
 フレックスとは、ラケットのしなりの硬さのことです。一般的にはシャフトの硬度を指しますが、実際の打球感はシャフト
 だけでなく、フレームのしなりやたわみ、シャフトとグリップの接合構造などの影響も少なからず受けています。
 各メーカーのラインアップをみると、上級者向けほどフレックスが硬くなる傾向があります。

フレックスからみたラケットの選び方
柔らかい 比較項目 硬い
しなりが大きい

非力なプレーヤー向け
プレースタイル しなりが小さい

パワーヒッター向け
インパクトが長い

タイミングがずれてもパワーが伝わる

初心者向け
タイミングの
取りやすさ
球離れが早い

タイミングずれるとパワーロスが発生

上級者向け

シャフト形状とは
 一般的なシャフトの形状は円柱型のストレートですが、特殊形状として、先端部になるほど細くなる「テーパーシャフト」や、
 シャフト先端部にくびれを持たせた「ガブンシャフト」などがあります。
 また、一般的にはシャフトはグリップに差し込んで固定されていますが、特殊構造として、シャフトとグリップを一体成型した
 ワンピース構造があります。

シャフト形状からみたラケットの選び方
形状 効果
ノーマルシャフト シャフト全体が均一にしなります。
テーパーシャフト 先端部になるほどシャフト径が細くなる構造。キックポイントが先端側へ移動するため、ヘッドの
ブレが減少しコントロールがアップします。
パワーロッド
オーバルドライブ
シャフト
メトリックフレックス
シャフト

フレーム形状・フレーム厚
フレーム形状とは
 ノーマル(タマゴ型)形状のほかに、フレームトップ部を平らにしてスイートスポットを広くしたアイソメトリック(OGスクエア)形状が
 あります。アイソメトリックの中にも、平らな部分が広いものと狭いものがあり、現在の主流は平らな部分が狭いアイソメトリック
 形状になっています。

アイソメトリック
(ヨネックス)

OGスクエア
(ゴーセン)

ノーマル
(ヨネックス)

フレーム形状からみたラケットの選び方
アイソメトリック 比較項目 ノーマル
スイートスポットが広い

打点のズレをラケットがカバー

コントロールが良い
(安定性が高い)
コントロール
(安定性)
スイートスポットが狭い

打点により飛びが変化

コントロールが悪い
(安定性が低い)
エネルギーがフレームの一部に集中

耐久性は劣る
耐久性 エネルギーがフレーム全体に分散

耐久性に優れる

フレーム厚とは
 フレーム厚は、ノーマル(厚さ10~11mm)に対してワイドボディ(12~15mm)やスリム(8~9mm)があります。
 打球時のフレームのたわみ効果により、パワーの伝わり方や打球感が異なってきます。
 また、ワイドボディは前面からの空気抵抗が小さく、スリムは側面からの空気抵抗が小さくなります。
 ワイドボディラケットのほとんどはフレーム断面をエアロシェイプ(流線型)にして空気抵抗を軽減しています。

フレーム厚からみたラケットの選び方
ワイドボディ 比較項目 スリム
打球時にフレームが内側にたわむ

フレームの復元力が大きい

スイングのパワーに復元力をプラス
パワー 打球時にフレームがたわみにくい

フレームの復元力は小さい

スイングのパワーがダイレクトに伝わる
フレームのたわみが大きい

振動が発生しやすい
打球感 フレームのたわみが小さい

シャープな打球感
フレームのたわみが大きい

耐久性は劣る
耐久性 フレームのたわみが小さい

耐久性に優れる

素材
ラケットの素材について
 ラケットの主材料はカーボングラファイト、あるいは、弾力性を高めた高弾性(ハイモジュラス)カーボンです。
 強度、重量配分、振動などを調整するための複合素材として、カーボンナノチューブ、フラーレン、ソリッドチタン、ゴムメタル、
 チタンメッシュ、チタンファイバー、アルティマムチタン、アーメットファイバー、アラミド、ザイロン、ウルトラPEファイバー、
 エラストマーなどの特殊素材も使われています。

チタンやアーメットの効果
 チタンやアーメットは強度と粘りがあり、また密度が高いため次のような効果があります。
特殊素材 使用箇所 効果
チタンメッシュ
チタンファイバー
アーメット
フレーム両サイド 面安定性をアップ
フレームトップ 振り抜きをアップ
シャフト 反発力をアップ、トルク(ねじれ)を抑制
アルティマムチタン シャフト インパクトのシャフトのしなりをエネルギーとして蓄積し、シャトルが放たれる時に復元力となって反発力を増大する。

Copyright © PRO-SHOP YUGE. All rights reserved.