『モリストDF』 モニターレポート
H様(男性/中学生)
戦型
 カット+攻撃型
モニターラバー
 モリストDF(薄)
使用ラケット
 松下プロモデル
使用グルー
 使用していない
普段の使用ラバー
 F/タキネスチョップ(中)
 B/フェイントLongU(極薄)
@全般的な評価・感想
・打球感:柔らかい。タキネスCよりも打球感は柔らかい。
・弾み:タキネスD<タキファイアD<モリストDF
 今まで使っていたカットマン用のラバーで一番弾む。
・スピン:タキネスD<モリストDF=タキネスC
 弾むわりに回転がとてもよくかかる。
・コントロール:モリストDF<タキネスD<タキネスC
 コントロールをうまくつけるには少し時間がかかる。
A打法別の評価・感想

・サービス:下回転とナックルの差が大きいからサービスエースをとりやすい。
・ツッツキ:切る、切らないの変化がつけやすく、相手からあまり見破られなかった。
・ドライブ:ボールがよく引っかかるので回転はよくかかる。スピードドライブも結構かけやすい。
・スマッシュ:柔らかいのでスマッシュは少し打ちにくい。
・ブロック:オーバーミスが少し出やすい。
I様(男性/30歳代)
戦型
 オールラウンド
モニターラバー
 モリストDF(中)
使用ラケット
 松下プロモデル
使用グルー
 モリスト用ラバーダイン
普段の使用ラバー
 F/キョウヒョウUCS(中)
 B/キョウヒョウUCS(中)
@全般的な評価・感想
・ラバーを貼り付けるときには、同梱されているモリスト用ラバーレストを貼ってからでないと、接着後にラバーの端がラケットから浮き上がってしまいます。テンション系ラバーの特徴なのでしょうが、注意しないといけないところだと思います。
・このラバーは、タキネスCを高摩擦高弾性のラバーに変身させたような打球感です。打球した瞬間にボールがラバーに深く食い込み、スポンジの反発力でボールが飛ばされるという感じがします。普段キョウヒョウUCSという固めのラバーを使用しているため、ゴムボールを打っているような独特の打球感は、何か頼りなさを感じました。しかし、やわらかいラバーが好みという方にはお勧めできると思います。
・弾みは決して良いとは言えませんが、その分、コントロール性はとても良いと思います。
A打法別の評価・感想
・サービス:普段使用しているラバーと比べると回転力に劣りますが、よくかかる方だと思います。
・ツッツキ:とてもコントロールがよく、誰にでも扱いやすいのではないかと思います。思ったところにボールをコントロールできました。
・ドライブ:とてもコントロールがよいのですが、スピードにやや物足りなさを感じます。しっかりと食い込ませるような打法に向いていると思います。
・スマッシュ:慣れの問題もあるのだと思いますが、やわらかい打球感のため、やりにくいと感じました。
・ブロック:とてもやりやすかったです。相手の強打も安心してブロックすることができました。
M様(男性/中学生)
戦型
 カット+攻撃型
モニターラバー
 モリストDF(中)
使用ラケット
 松下プロモデル
使用グルー
 使用していない
普段の使用ラバー
 F/チャレンジャーCHOP(中)
 B/タキネスCHOP(薄)
@全般的な評価・感想
・スポンジが非常に柔らかく、攻撃用ラバー並みに弾み、ひっかりもよかった。中厚や厚なら攻撃選手が使っても問題ないと思った。
・グルーを使っていないのに打球音が良かった。
A打法別の評価・感想
・サービス・・・スポンジが柔らかから深く食い込んでとても切れたサービスが打てた。
・ドライブ・・・回転が良くかかって、相手のブロック跳ね返すことが多かった。
・カット ・・・切る切らないの工夫がしやすかったが、打法に問題があると思うが弾みすぎオーバーミスが多かった。
・ブロック・・・しっかり抑えて入れることができた。
S様(男性/中学生)
戦型
 カットマン
モニターラバー
 モリストDF(中)
使用ラケット
 松下プロモデル
使用グルー
 使用していない
普段の使用ラバー
 F/タキファイアSP(中)
 B/フェイントLongU(超極薄)
@全般的な評価・感想
・弾み:とてもよく弾む、タキファイアSP<モリストDF
・スピン:タキファイアSP=モリストDF、あるいはタキファイアSP>モリストDF
・コントロール:よく弾む為タキファイアSPに比べてコントロールしづらい
A打法別の評価・感想
・サービス:スピード、スピンともによかった。
・ツッツキ:弾みすぎてミスが多くなってしまった。
・ドライブ:とてもやりやすかった。
・スマッシュスピードはでたが、コントロールしづらかった。
S様(男性/40歳代)
戦型
 前中陣ドライブ型
モニターラバー
 モリストDF(中厚)
使用ラケット
 スピンエースカーボン
 アーム剛腕2号(廃番)
使用グルー
 使用していない
普段の使用ラバー
 F/マークX30°(中厚)
 B/マークX30°(中)
@全般的な評価・感想
・弾み:テンションラバーのDESTO F−3なみに跳ねる。モリスト2000よりは跳ねないと感じた。IEのハモンドプロの方が玉離れが良く、カーボンなど跳ねるラケットでのスマッシュの感触は、極めて良い。ドライブのスピードもそこそこ出る。エリートアルテマと同等かそれ以上。
・スピン:DESTO F−3やモリスト2000、エリートアルテマよりはスピンがかかる。粘着系と比べるとやや劣るかも知れないが十分満足できる。サミットが比較的近い感触である。
・コントロール:テンションラバーのDESTO F−3やモリスト2000、エリートアルティマに比較し、はるかにコントロールしやすい。ドライブやスマッシュのコントロールは729JPNと同程度ですごく良い。特にネット際の細かいプレーのコントロールはしやすい。ショートやハーフボレーはさすがにIE系までとはいかないが、ナックルボールの対応は行いやすい。
・カットやショ−トはスピードの出るラバーの割にコントロールしやすく、また回転をかけることが出来る。しかし、キョウヒョウのようなカットショートのような芸はむずかしい。(以上前陣型での評価)
・カットマンとして使用するには、跳びすぎる。強いドライブやスマッシュの時のカットのコントロールがほとんど出来なかった。この場合はカットするよりも、ブロックする方がよかった。(ただ、カットマンとして私の技術が未熟なこともある)
・全体的な打球感:第一印象は、これ本当にカットマン用(?)と思ってしまった。なぜなら、良くはねて良くスピンがかかり、ドライブ・スマッシュ・プッシュショートのスピードも申し分がないからだ。また、カットマン用ラケットでは、弾みがよいのでコントロールしにくく、玉が浮いたりオーバーミスしたりで扱いが極めて難しかった。ハモンドでカットマンをしている感覚に似ている。個人的には、これはカットマン用でなく前陣攻撃用ハイテンションラバーの方が印象がぴったりする。特に、カーボンなどハード系ラケットとの相性は良いのではと思った。
A打法別の評価・感想
・サービス:回転が良くかかり、特に横回転サーブは空中での変化がすごい。しかしこれで球種がわかってしまうので、決定力は落ちる。カットサーブは、粘着系並にエースをねらうことが出来る。コントロール性がよいので、ショートサーブやロングサーブもほぼ思い通りできる。
・ツッツキ:テンションラバーの中では回転がかかるのでツッツキしやすいが、カットショートやカットスマッシュは難しい。サミット並と思う。
・ドライブ:コントロール性がよいので、心配なく強引にドライブをかけることができる。また、回転がかかるので、相手はブロックし難いようだ。ドライブのスピードは、カーボンラケットを使っている関 係か、マークV30やDESTO F−3、エリートアルテマよりは明らかに速い。回転は、サミットかキョウヒョウV日本シート並で、729やキョウヒョウU中国シートよりは落ちる。
スマッシュ:モリスト2000やDESTOに比較し、コントロールしやすい。カ−ボンラケットを使っているせいか、結構うまいカットマンの方を相手でも、一発で打ち抜くことが出来るスピードがある。
しかし、さすがにIE系までのスピードは出ない。モリスト2000とDESTOの間くらい。
・ブロック:プッシュショ−トは、テンションラバーの中ではし易い方だが、IEの方がコントロール・スピードとも上回る。しかしキョウヒョウU中国シ−ト並で使いやすい方である。
・その他:ラバーを貼るとき、モリスト2000と同じで変な方向に曲がるので貼りにくい。シートが柔らかいので、剥がすときは注意が必要。
・全体的な印象として、ハイテンション系をネットプレー性能を、また、マークX30のスピン性能を改善したような印象である。中陣からでも、グルー無しで一発で打ち抜けるスマッシュやドライブの威力もあるので攻撃用ラバーとしても総合点は極めて高いと思う。性能の持続性如何によっては、標準の使用ラバーにと考えている。
Y様(男性/高校生)
戦型
 カットマン
モニターラバー
 モリストDF(薄)
使用ラケット
 松下プロモデル
使用グルー
 使用していない
普段の使用ラバー
 F/トリプルスピン
 B/キョウヒョウV
@全般的な評価・感想
カットマン用としてはよく弾むという印象を感じました。普段は粘着系ラバーを使っているので、そのギャップに最初は戸惑いましたが、使っているうちになれました。
また打球音が高く、カットをしたときに、粘着系とは比べ物にならないほどの音がしました。スピンについてはカットがやりやすく、よくかかりました。
コントロールは弾む分難しかったです。
A打法別の評価・感想
・サービス:ショートサーブを出しても、少し台から出る感じがしました。でも、慣れれば大丈夫だと思います。
・レシーブ:基本的にカットするので特に問題はありませんでした。
・カット:ボールの底を切り抜くようなカットがやりやすくとてもかかりました。切らないカットが少し浮いてしまいました。
・攻撃:とてもやりやすかったです。弾む分、威力が出て、得点率も高くなりました。
K様(男性/40歳代)
戦型
 カットマン
モニターラバー
 モリストDF(中)
使用ラケット
 コクタク プレミアム・ディフェンス
使用グルー
 使用していない
普段の使用ラバー
 F/モリスト(中)
 B/PF4-CS(薄)
@全般的な評価・感想
モリストに比べるとチャックを塗らないと少し弾みは少ない。その分、スピン、コントロールが非常に素晴らしく、特に攻撃時においては、打球音なども通常のハイテンションにも引けをとらないほどでした。
A打法別の評価・感想
やはり、弾みが少ない分、サービスのツッツキの切れなどは思い切って切れるし、スポンジが柔らかいので特にスマッシュの速さ、コントロール共、申し分無いと思います。
全体的にもう少し弾んでも良いと思います。
S様(男性/中学生)
戦型
 カット主戦オールラウンド型
モニターラバー
 モリストDF(薄)
使用ラケット
 ディフェンスU-FL
使用グルー
 JOフラッシュグルー
普段の使用ラバー
 F/タキファイアSP(厚)
 B/フェイントLongU(極薄)
@全般的な評価・感想
・スピン:タキファイアと同じくらいかかっていたと思う。
・コントロール:慣れてくるとかなりコントロールがアップした。これもタキファイアと同レベル程度と思われる。
・打球感:ラケットにボールが長く残る感じがしたスポンジに気を使うのが難点・・・ラケットに長くのこる感じに慣れないと使いにくいかも・・・
A打法別の評価・感想
・サービス:良く切れ、スピードもでる。
・ツッツキ:容易に相手のネットミスを誘える。
・ドライブ:回転・スピード共に申し分なし。
・スマッシュ:スピードがかなりで、コントロールもしやすかった。
・ブロック:ラバーに食い込む感じが自分にはやりにくかったが、弾き方は良かった。
I様(男性/中学生)
戦型
 前・中陣両ハンド攻撃型
モニターラバー
 モリストDF(厚)
使用ラケット
 福原愛-ST
使用グルー
 TSPスピードグルー
普段の使用ラバー
 F/アクター(中)
 B/マジカルスピン(中)
@全般的な評価・感想
・打球感:少し軽めで、スポンジは少しかためのほうがいいと思う。
・弾み:カット用ラバーだからあまりはねないと思っていたけど、意外とはねた。
・スピン:スピンはよくかかり、サービスやツッツキなどがやりやすかった。
・コントロール:ラバーが厚いせいか、やりにくかった。
※スポンジが柔らかすぎて、グルーを塗ってもすぐにラバーがはがれやすい。
A打法別の評価・感想
・サービス:スピンがかなりかかり、すごく打ちやすかった。
・ツッツキ:サービスと同じくスピンがすごくかかり、やりやすかった。
・ドライブ:スピンがすごくかかり、ドライブはすごく打ちやすかった。
・スマッシュ:スピードがあまり出なく、スマッシュは少し遅かった。
・ブロック:ブロックはやりにくかった。
※カットマン用ラバーだからカットマンではない僕でもカットにスピンがよくかかりカットが打ちやすかった。
M様(女性/40歳代)
戦型
 カット主戦型
モニターラバー
 モリストDF(薄)
使用ラケット
 松下プロスペシャル
使用グルー
 使用していない
普段の使用ラバー
 F/タキファイアSPソフト(薄)
 B/キョウヒョウU(薄)
@全般的な評価・感想
・フォアに使っていますが、これまで長く粘着ラバーを使用していたせいか最初は飛びすぎてコントロールが難しかったです。個人的にはやや金属的な打球音も抵抗がありましたが、ひきつけて柔らかくカットするとソフトな打球感で、特にナックルカットが出しやすいと感じました。
・これまでのラバーのほうが「誤魔化しがきく」と言うか無難な感じだったのに比べて、打法別の切り替えをきっちりしないといけないなと思います。
・まだ力量不足で使いこなすまでにはかなりかかりそうですが、チームの人達からは評判が良く、「打ちにくくなった。」と言われます。
A打法別の評価・感想
・サービス・カットは前よりナックルが出しやすくなり、切ったり切らなかったりの変化がつけやすいと思います。
・ツッツキやカットで慌てて手を出すと弾いてしまいオーバーをしますが、充分ひきつけた時は粘りがあり「手に持つ感じ」で安定感があります。
・スマッシュは良く弾くので小さなスイングで今までより威力があります。(粘着ラバーの感覚で打つと、これもオーバーミスです。)
・ブロックもナックルで返ります。
・それぞれの打法にメリハリをつけられるようなれば、ラバーの良さがもっと出てくると思いますので、今後も使い続けていくつもりです。